ふとんのかしもととは

「良い睡眠は明日の活力になる!」

ということをモットーとし、お客様の健康を守る寝具はどうあるべきかを常に考え製造しています。

私たちは、大正11年(1922年)よりふとんをつくり続けてきた「樫本絹綿株式会社」です。

「お客様との対話」が第一と考え、お客様の要望・体型・住んでいる環境などをお聞きした上で

ふとんをつくっております。

長い年月をかけ培ってきた経験や知識、技術で、お客様ひとりひとりに合った「高品質で使いやすいふとん」

を追求し続けています。

 

1922年   絹綿(きぬわた)製造を業務とする樫本絹綿工場創業。ふとん店へ絹綿の販売を開始する。

1961年   樫本絹綿株式会社へ改組。業務を中綿製造販売から、ふとん製造販売へと刷新

1963年   府中市永井町から現住所の府中市中須町へ本社移転
1983年   エステル素材のふとんに加え、羊毛ふとんの製造を開始
1984年   国際羊毛事務局(IWS)の認定工場となる
1989年   羽毛ふとんの製造開始
1993年   羽毛自動計量充填機を導入
1994年   多頭式羽毛ふとん自動側縫いマシンを導入
1998年   問屋への販売とともに地元家具屋さんとコラボし、ブライダル寝具販売開始
2008年   樫本絹綿の寝具製造直売を開始
2009年   直売所「ふとん館」を開設・羽毛吹き込みミニ工場を併設
2012年   創業90年を迎える
2014年   ソファの加工を開始

現在、寝具に対するお客様の要望は多様化しています。

例えば 、保温性や通気性、肌触り、使いやすさ、ファッション性等があります。

こういった多様性に応えるべく、自社でふとんを製造し販売しています。

また、絹や綿、ポリエステルそして羊毛・羽毛の中綿にも工夫をこらしています。

 

特に羽毛については品質の違いを理解していただくために、羽毛原料のサンプル10種類を展示しています。

寝ごこちを体験していただけるショールーム「ふとん館」も併設しています。

▶ふとんの素材について