「良い睡眠は明日の活力になる!」をモットーとし、
お客様の健康を守る寝具はどうあるべきかを常に考え製造してきました

長年培った経験と知識をもとにお客様ひとり一人とお話しさせていただき、
そのお客様に合った寝心地の良いふとんづくりを心がけています。

はじまりは、 ふとんの中身の絹綿製造から

ふとんのかしもとの歴史は、1922年(大正11年)、ふとんの中身の絹綿(きぬわた)を製造する樫本絹綿工場が府中市永井町に創業したことにさかのぼります。当時、最新式の機械により生産された商標國晃絹綿(こっこうきぬわた)は優秀さを評価され、市場に多く出回っていました。第2次世界大戦により工場は、呉工廠に接収され、絹綿工場としての機能は全く停止されてしまいました。が、終戦後、従業員が一致団結し、戦前以上の工場を復興させました。併せて、販売網も全国に広がり、主力商品(國晃絹綿・吹止フトン綿・丹前綿)を含む寝具製造元として発展しました。

絹綿製造から全てを自社で 製造するふとん工場へ

昭和36年(1961年)頃より、中綿だけでなくふとんの需要が高まったため中綿製造販売からふとん製造販売へ移行しました。 昭和58年(1983年)ポリエステル素材のふとんに加え、羊毛ふとんの製造も開始しました。 昭和59年(1984年)国際羊毛事務局IWS(ウールマーク)の認定工場となりました。平成元年(1989年)羽毛ふとんの製造を開始しました。その後、日本羽毛製品協同組合に加入しました。

ひとり一人のお客様と対話してつくるふとんづくり

ふとんの直売をしたことで、お客様の要望を聞く機会が増え、お客様の「あったらいいな」を叶えるために、ひとり一人とコミュニケーションを深め、お客様の求めるスタイルのふとんをカタチにしています。他社ではできない完全オーダーメイドの製品づくりをしています。

1922年ー絹綿(きぬわた)製造を業務とする樫本絹綿工場創業。ふとん店へ販売を開始する
1961年ー樫本絹綿株式会社へ改組。業務を中綿製造販売から、ふとん製造販売へと刷新
1963年ー府中市永井町から府中市中須町の現住所へ本社移転
1983年ー50年代からのエステル素材のふとんに加え、羊毛ふとんの製造を開始
1984年ー国際羊毛事務局(IWS)の認定工場となる
1989年ー羽毛ふとんの製造開始
1993年ー羽毛自動計量充填機を導入
1994年ー多頭式羽毛ふとん自動側縫いマシンを導入
2007年ーふとんの製造直売を開始
2014年ーソファ用クッション製造を開始

会社名樫本絹綿株式会社(かしもとけんめんかぶしきがいしゃ)
所在地〒726-0012 広島県府中市中須町92-1
連絡先TEL 0847−52−5151 / FAX0847-52-5796
事業内容寝具・寝装品の製造販売/ソファ用クッション製造
創業1922年(大正11年)
資本金1000万円
代表者樫本 健造
従業員8名
営業時間平日:9:00〜18:00/土日祝:9:00〜17:00
駐車場20台

●日本羽毛製品共同組合認定羽毛製品アドバイザー

樫本 基治

羽毛の正しい知識、選び方、取り扱い方などの疑問点ご質問にお答えいたします。

出来上がった羽毛ふとんの手入れや収納方法等もしっかりご説明いたします。

また、「ふとん館」では、見えなくなるモノだからこそ実際に見て触ってもらうことが

できるように羽毛を10種類展示しています。

この原料の中から予算やお客様の要望に応じた羽毛を提案いたします。

ふとん館の2階では、寝心地を試せるスペースもございますのでぜひお気軽にお立ち寄りください。