全国の「どうにかならない?」に

「こうすればいい!」と応えたい

お客さまの中には、 いろんな布団屋を回ったけれど、断られた。

樫本さんのところで「どうにかならないだろうか?」

最後にふとんのかしもとに来られる方がおられます。 そんな気持ちに応えたい!

代表取締役 樫本 健造

ずっと変わることのないものづくりへの想い

はじめまして、ふとんのかしもとの樫本健造と申します

大正11年創業より変わらないものづくりへの想いがあります。

ふとんは、出来てしまったら中身は見えません。

”だませるものだから だましてはダメ”

この信念のもと正直に適性な価格でお客様が求められるふとんを
提案させていただきおつくりしています。
ふとんは、お客様の地域・住宅・寝室などの環境条件や睡眠方法などで変わってきます。
だから、ふとんのかしもとではお客様ひとり一人の条件に合わせてふとんをつくっています。
では、どうしたら自分に合う寝心地のよい快適なふとんが できるのでしょうか。
まずは、お会いしましょう!お会いして困っていることなどお話ししましょう。
家に来て話を聞いてほしい。
布団を比べて使って見たい。
どんな素材を使っているのか知りたい。
どんなところでつくっているのか、どんな人たちがつくっているのかが知りたい。
どんなことでも構いません。会ってお話をしましょう!
ふとんのことなら何でも聞いてください。
あなだだけのふとんに出会えるお手伝いをできることを楽しみにしています。

状況に合わせて変えていく技術

ふとんのかしもとは、昭和38年に現在の場所に移転した際、隣町の福山市新市町に多くある

縫製工場の影響を受け、寝具専門の縫製工場をつくり、日々縫製技術を磨いてきました。

長年培った縫製技術と素材の知識があるため、柔軟にお客様の要望にお応えできます。

現在、寝具に対するお客様の要望は多様化しています。

 

睡眠環境や住宅環境、体形によって自分にあった寝具でなければ体調が左右される場合もあり

一言にふとんと言ってもそれぞれ仕様が変わり、その人にあったふとんが求められています。

その中でも、お年寄りの方や体の不自由な方、介護を必要とする方々用の特殊なふとんを必要と

する人が増えています。

 

以前おつくりした例ですが、足が不自由で介護ベットを利用しているが、普通のふとんだと

動きにくく、足を動かすと、ふとんに隙間ができ体が冷え、掛ふとんがベットから

ズレ落ちるので、足を動かしやすく、掛ふとんがベットから落ちないふとんを求められ、

一般にはないサイズで中綿の量を調整し、おつくりしたところ大変喜ばれていました。

そんな困っている方の少しでも「快適で眠れるふとんをつくれたらいいな」と日々

ふとんをつくり続けています。